助かっても

助かっても

ライフラインは復旧しても

ご自宅が倒壊したり

河川の氾濫で

流されて戻れなくなったり

しては、まんじりとも

寝られないのでは?

特に高齢者や小さいお子さんを

抱えたお母さまは

不安でしょう?

良かったら画像をクリックしてみてくださいね^^





DSC_2140[359].JPG






DSC_2138[360].JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2019年10月18日 13:25
こんにちは♪
避難所も環境が良くない。
生涯がある人
高齢の方
小さい子供
寝るのも大変
お気の毒です!
2019年10月18日 23:12
避難しても行政は制度としてしか
被災者を守らないので
最後は自力で対応するしか無いんだろうな。
命は助かっても
生きる希望や家が無ければ
本当に地獄だと思う。
忍舞(しのぶ)
2019年10月22日 00:38
こんばんは、もうヘトヘトさん、
数日体調を壊して

レスが遅れました。

家が亡くなってしまったり、お身内に
行方が分からない方がまだ

いらっしゃる方など
寝られないことがさらに拍車をかけて

助かったと?いえるかどうか?

まだ台風の二次被害なども懸念されます
どうか、これ以上の悲しみが

起きないことをただただお祈りするばかりです。

いつもありがとうございます。
忍舞(しのぶ)
2019年10月22日 00:41
こんばんは、セイパパさん、

そうですね。まるで時代劇が

現代に降臨したような

”税金を絞るだけ絞り

生かさず?殺さず?

働けるものは主婦だろうが

小さいお子さんがいようが働かせ

否、働かなければ生活できないような

重税に追い込み!

働けなくなった高齢者からは

支援をじり貧で締め付け

まるで昔の姥捨て山!”

をほうふつとさせますね。

いつもありがとうございます。